パーキンソン病の治療薬『トレリーフ』は、もともと抗てんかん薬の『エクセグラン』でも薬価は100倍以上!


私がニュープロの副作用で❝腰折れ❞、❝首下がり❞、❝無動❞という状態になった時がありました。総合病院は予約を取らなければ診てもらえません😡

あまりのツラさに指定医療機関以外の病院に駆け込み、処方された「トレリーフ」という薬の値段に驚きました。た・た・高い!1錠が1,000円以上。とりあえず支払いを済ませ、後で調べました。

今回は
①ゾニサミド(商品名:エクセグラン)という薬について。
②新薬の薬価設定の『類似薬効比較方式』という方法について。書いていきたいと思います。

総合病院は、予約外診療なんかだと4~5時間くらい待たされることもあるんです‼病院に行って体を壊しそうでした。薬の副作用によるものだったので体調の変化は急激にやってきたのです!仕方なく(その病院には悪いのですが)、パーキンソン病も診ているという「脳神経外科」に行きました。そこで処方されたのが『トレリーフ』だったのです。

医師は、これで急に容体が元に戻るわけじゃないよ❗と言いながら2週間分処方してくれました😤その時は、無動状態だったので隣の薬局から薬剤師さんが薬を持って来てくれました。当然、その病院も薬局も指定医療機関ではありませんから3割負担です。

請求書を見てビックリ‼桁を間違えてませんか?と言いたくなるような…下がった首が上がるんじゃないかと思うような金額が提示されていました。5,000円くらいだったと思います。小さな錠剤が14個で5,000円って…😱私は、ボーッとしながらお金を払い病院を後にしました。

スポンサーリンク

サイド上

スポンサーリンク

ゾニサミド(商品名:エクセグラン)ってどんなお薬?

エクセグランはもともと「てんかん」の治療に使われていた薬です。電気信号をコントロールすることで、てんかんを治療しようとする薬です。

「てんかん」が起こるには最初のきっかけがあるそうです。このような「てんかん発作が起こるきっかけ」を抑制できれば、という考えから生まれたのがエクセグランなのです。てんかん」に対して、エクセグランは幅広い効果が認められ、難治性のてんかんに対しても効果が認められています。

そして、このエクセグラン錠100mgの薬価は1錠あたり29.8円。ゾニサミド錠100mg「アメル」というジェネリックが出ていますから薬価は、さらに下がり18.1円。

薬価において、どのくらいの差が出るのでしょう!
トレリーフ錠は25mg。パーキンソン病における症状の日内変動(wearing-off現象)の改善には、1日1回50mgを経口投与する。となっているのでトレリーフだと1115,9×2×0.3=6669.54
3割負担で計算して1日に約6,670円 1ヶ月30日としてトレリーフだけで20,000円以上かかります。

エクセグラン錠には25mgも50mgありません。このあたりで、製薬メーカーはコストが多少はかかるかもしれませんが…。単純にエクセグラン錠100mgが29.8円なので、50mgだと14.9円。14.9×0.3=4.47 3割負担だと1日に4.47円 1ヶ月30日として4.47×30=134.1(円)

ジェネリックの「アメル」と比較するとアメル100mgが18.1円。これも25mg、50mg錠がありません。50mgだと9.05円 9.05×0.3=2.715 3割負担で1日2.715円 1ヶ月で81.45円

確かに、こんな単純計算では成り立ちませんよね。主成分は『ゾニサミド』であっても「てんかん」と「パーキンソン病」とでは異なる点があるのかもしれません。第一にエクセグラン錠には上記にも書いたように100mg錠しかありません。新たに25mgを作るためのコストは必要だったと思われます。ですが、100倍以上は凄すぎませんか⁉

新薬の薬価設定の『類似薬効比較方式』を採用するから!

まず『類似薬効比較方式』の場合の類似薬は、どのようにして決められるのでしょう?4つの観点が示されています。効能・効果、薬理作用、組成及び化学構造式、そして投与形態、剤型区分、剤型及び用法です。これらの観点から見て、最も類似性の高いものが類似薬として選定されます。

『トレリーフ』の場合の類似薬は『エフピー』でした。エフピーOD錠2.5mgの薬価が313.4円で、一日の最適な維持量が7.5mgですから344.4×3=1,033.2(円) これに有用性加算(Ⅱ)の5%が加えられると1,033.2×1.05=1084.86(円)ということになってしまうわけです。

今はHoehn-Yahr重症度分類3度以上かつ生活機能障害度2度以上を対象とする『特定医療費(指定難病)受給者証』があるため、1ヶ月の支払い上限が決められています。この公費助成金制度もいつまで続くか先が見えない状態です。

特にパーキンソン病は患者数も多く、治療方法も見つかっていないにも関わらず❝指定難病❞から外されるのではないか⁉という不安がつきまといます。

お薬代が高いと文句を言っても始まらないのですが、この薬価の決め方は納得できるような、できないような…。できれば、その利益を製薬メーカーが新薬開発に使ってくれていることを願うのみです😔

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ★ただ、驚くほど薬価が違います。それについての記事はこちらです。⇒クリック […]