2018年12月06日一覧

パーキンソン病にとって『便秘』は大敵!自分に合った、できるだけ身体に優しい「薬」を処方してもらいましょう。

以前にも、パーキンソン病を発症する前から何かしらの「前駆症状(ぜんくしょうじょう)」が現れている可能性が高いのではないかという記事を書いたことがあります。 前駆症状とは、ある病気(ここではパーキンソン病について書いていきますが)が発症する前兆として現れる症状のことです。パーキンソン病は、少なくとも1000人に1人は罹患している日本では2番目に多い神経変性疾患(ちなみに1番は脳血管障害だそうです)で、動きの面では手足・首が震える、手足がこわばる、転びやすくなるという症状が徐々に、でも確実に進行していきます。

サイド上
サイド上