パーキンソン病 検査方法一覧

パーキンソン病では、発症前から『非運動症状』は出現している!検査方法は“網膜の変化の観察”!

前の記事の直ぐ後で、涙について書くつもりだったのですが、『私の愚痴コーナー』に切り替えてしまいました。なかなか病と向き合えない情けなさ…不安、確実に進行を自覚する時の恐怖!パーキンソン病のバカ野郎!! とはいえ、最近の私は、体調の変化と私たちの年齢にありがちな親戚・兄弟の軋轢でストレスが溢れんばかり!前にかいた記事通り、この溜まりに溜まったストレス解消のためには、泣くしか手はないと思っています。Youtubeで泣ける歌特集でも聞きながら寝ることにします。

パーキンソン病になるリスク知る手掛かりは『涙』にあり?

発症後、スムーズに『パーキンソン病』との診断が、パーキンソン病リスクを知る手がかりが“涙”にあったなんて驚きです!この記事が掲載された段階ではまだ研究途中の予備的な段階だったようです。 私が、診断を受けた頃は、まずMRC,MRI,などを受け、「パーキンソニズムが出現している、パーキンソン病関連疾患ではないこと」(いわゆるパーキンソン病であることを調べる)の確証検査はMIBG心筋シンチグラフィーでした。

パーキンソン病の検査方法は、新しく確実なものに進歩し続けています!

いつかパーキンソン病が血液検査で確定診断できる日が来るかもしれません!そして、完治する病気になる日が来るかもしれません!その日が、一日でも早く来ることを祈ります。 今は、類似した病気と誤診しないためにも、パーキンソン病であることを確認するためにも必ずと言って良いほど検査を受けるようです。そして、検査方法も進歩し続けています!

パーキンソン病の確定検査『心筋シンチグラフィー』とは、どのような検査なのでしょう?

パーキンソン病には、パーキンソン病関連疾患があります。キチンとパーキンソン病であることを検査で確定させておきましょう!よく知られている検査に『心筋シンチグラフィー』があります。この検査はレビー小体型認知症の診断にも非常に有用とされています。

パーキンソン病の診断基準は?診察は何科?診断する検査はあるの?

パーキンソン病のような病気の患者が、あらゆる❝科❞を「たらい回し」の末にやっと神経内科にたどり着く…そんな事はツラ過ぎます!パーキンソン病の診断は、神経内科でシッカリ問診、その後に確定検査というのが一般的な流れだと思います。

パーキンソン病診断のため『心筋シンチグラフィー』検査を受けました。

私が難病?!なぜ?覚悟はしていた筈なのに…。この時の私は自分以外の誰の事も思いやる気持ちもなく、家族や周囲がどれほど心配しているかなど、考える余裕などありませんでした。 パーキンソン病診断のため『心筋シンチグラフィー』検査を受けました。『パーキンソン病に間違いないですね』と検査を受けた病院の医師から告げられました。

サイド上
サイド上