医療費控除について一覧

パーキンソン病でも医療費には個人差が。セルフメディケーション税制を覚えてますか?

確定申告の季節がやってきました!私たちパーキンソン病のような難病患者には『医療費控除』は当たり前と思っていましたが、発症間もなくで、病院も近い、他の病気も併発していなければ1年で10万円にはならないかもしれませんね。けれど、平成29年度の申告分から創設された「セルフメディケーション税制」も見落とさないようにしましよう。

パーキンソン病に限らず医療に関する領収書は必ず保管!勘違いが多い確定申告の常識!

パーキンソン病の自分の薬の管理や大切家族の健康や薬の管理も大切。薬局のレシートや領収書を保管する事は、確定申告のためだけではないのです。確定申告は3月に終わったばかり!と言われそうですが、2017年の医療費の申告は2018年にしますから、半分近くが過ぎています。この5カ月間に捨てた領収書やレシートは無いですね?

パーキンソン病だと医療費が年間10万円超えはザラですが、『セルフメディケーション』税制も注目です!

パーキンソン病患者の多くは医療費を抑えるのに必死。私は、神経内科と精神科、食いしばりがあるので歯科にもでも、病院が一か所だけなら医療費控除は関係ないと思ってしまいがち。でも2017年から始まった新税制があるんです。 聞き慣れない『セルフメディケーション税制』とは一体何なのでしょう?

サイド上
サイド上