パーキンソン病・京都大学iPS細胞研究所(CiRA)・山中教授・寄付・iPS細胞研究所の教職員は、9割以上が非正規雇用一覧

パーキンソン病の治療の未来は?日本の研究環境の悪化に懸念の声が!

2012年に山中教授が『iPS細胞』の一連の研究で、ノーベル生理学・医学賞を受賞したことは、あまりにも有名!優秀な研究者が海外へと出ていく中で、日本で研究を続けている山中教授には頭が下がる思いです。でも、日本が騒ぐのは“成功”した後。研究段階で投資しなければ、研究者にも患者にも“未来”がないのでは…考えすぎでしょうか?

サイド上
サイド上