パーキンソン病で通院していた神経内科を『転院』!良い方向に進んでいます。


パーキンソン病は難病=総合病院と勝手に思い込み勝手に失望。そして転院…。本当に勝手な自分に嫌気がさしました。医師や病院にまで不信感を持ってしまったほど。それも私の思い込みが災いしただけです。

総合病院から個人クリニックへの転院。難病患者なのに?と言われそうですが、私は伸び伸びと?診察を受け、良い方向へ向かっています😊

なんでも人のせいにしてきた❝ツケ❞がこの歳になって回ってこようとは…シッカリせねば👊パーキンソン病は手強いです

パーキンソン病という難病に罹患し、進行期を迎えた中で決心した『転院』の経緯など書いていきたいと思います。

サイド上

スポンサーリンク

転院・主治医が変わる!私にとっては大きな変化でした。

3~4年の間、体調不良でドクターショッピングを繰り返しました。かかってない“科”はないのでは?と思うほどです。

心療内科で精神安定剤や筋弛緩剤を飲みながら仕事を続け、ついに、体が動かなくなりました。救急車で運ばれて、ようやく『パーキンソン病』の診断が下ったのです‼

そして、地元の総合病院の神経内科に通い始めて3年余り、薬の副作用で首が下がり自分の顔を鏡で見こともできなくなったることも

楽しみにしていた総合病院の大リニューアル!神経内科も独立し、医師も増え、これからはもっと充実した治療を受ける事ができる‼と勝手に、過大な期待をしてしまった結果、主治医との信頼関係を崩していました😖

結果として『転院』という道を選択することになったのは、私のせいだと思っています。


年の瀬を迎えるにあたり、今年の夏から今までの数か月で、神経内科の主治医という事に限って
言えば、私には『めまぐるしい変化(オーバーな)』が、あったなぁと、シミジミしてます。

今、服用中の薬はスタレボ100㎎×3、ノウリアストが朝2錠、トレリーフが朝2錠、レキップが10日前から6㎎が8㎎に変更になり就寝前に1錠です。

朝・夕のすくみ足と筋固縮がツラいですが、両方共薬では改善が難しいです。それで、前回書いたように『メトロノーム』を使ったり、『顔もみ・爪もみ』したりしてます😀

本題に入る近況報告が長くなりました。
なぜ転院して後悔していないのか?
なぜ総合病院から
個人の脳神経内科に転院したのか?

転院した理由は以前にも書いたことがあります。
★総合病院は、体調を崩しても直ぐに診てもらえない。
※命に関わらなければ、数週間かかります!

★主治医以外の医師に予約外で診察してもらったとき。
連携が取れているどころか
「そんな薬を出してるの?」と患者の前で他の医師をけなすことがありました。

どこの総合病院も同じではないでしょうが疲れました。主人に言わせれば、私の思い込みのせいだとのこと。勝手に期待して、勝手に失望して、先生も大勢の患者を抱えてるんだよ😭と。彼のアドバイスは的確です。

冷静になれば、確かにそうだったかも…と思いますが、でもヤッパリ転院して良かったと思います

今、薬を少しずつ調整中で、レポドパを少し減量し(スタレボ3.5錠⇒3錠)、アゴニストを増量中レキップCRのせいなのか分かりませんが、便秘に拍車がかかりました💩

それで、朝・晩の2回シッカリと便秘改善薬を飲むとお腹が痛くなる…これがレキップ増量の副作用なのか分からなくて不安になりました。

ドクターショッピングの頃は、なぜ体調が悪いのか診断がつかず薬を『足し算』してばかりでした。

今の主治医は、電話でも快く不安に対する回答をしてくださいます。もちろん電話だけでは無理な場合は、診察に来なさいと言われます

レキップを増やしてから腹痛がする、軟便になるので、下痢止めか、お腹の痛み止めを飲むべきか電話で相談をしました。

総合病院ではありえないです先生の手の空いたところで連絡を頂きました📞

答は、下痢止めなど飲んではダメですよ!まず、渡している便秘改善薬をやめてください。それでダメなら考えましょう。薬を『足し算』しては何が効いているのか分からなくなります。

まず『引き算』して、それでもダメなら根本的にパーキンソン病の薬を見直すか、胃腸風邪か…。まだ、様子を見る段階ですとのことでした。

『引き算』の事を忘れてました。パーキンソン病の薬を急に増減しては大変です!便秘改善薬で騒いでどうする‼一度、薬の副作用に苦しんだので過敏になってました。

そして、引き算をすると何とか腹痛は治まったので胃腸風邪でもなかったようですが、また便秘に…💩

後ろ向き全力疾走の私ですが、少しずつ前を向いて歩きだして…いえ来年こそ、歩きたい
と思う今日この頃です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイド上
サイド上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする