焦って探した病院で、パーキンソン病ではないと”誤診”!ドクターショッピング⑧ 苦しみは続きます…。


病院不信に陥ってしまいました。パーキンソン病になりたい人なんていません。でも、これだけ振り回されると適切な治療を受けたい!その一心でした‼

ようやく神経内科で診断が下ったというのに心療内科が連携拒否!焦って探した病院では、とんでもない誤診!※その病院はクレームが多く、今はパーキンソン友の会の冊子にも載せてないそうです。振り出しに戻ってしまいました。いえ、病状は進んでいるのでマイナスです。

自信たっぷりに『パーキンソン病じゃないよ!何の症状も出てないじゃない』と、誤診をした医師が言ったときの事は、今でも忘れられません。前の病院で処方されたマドパーを服用しているからと言っても聞こうともしません。患者の訴えを聞いてくれない…根本的に間違ってますよね‼

サイド上

スポンサーリンク

ようやく神経内科にたどり着いたというのに!


やっとの思いで、地元のリハビリテーション病院の神経内科で、パーキンソン病の診断が下り、処方されたレポドパは劇的に効きました‼

ところが、長年通院していた心療内科の医師の連携が取れませんでした。考えられないことです😡

そこで思いついたのが「パーキンソン友の会」に入会するために連絡を取っていた資料の中に載っていた2つの病院でした。

一つ目の病院は内科ですが、神経内科・心療内科のことも詳しく『パーキンソン病』の患者も多く診ているとプロフィールに書いてありました。

苦しみのあまり、リハビリテーション病院の神経内科の先生に紹介状を書いてもらい、早速神戸市のY病院に行きました。今度こそ!とそう思って…結果は、とんでもないものでした😖

その医師の見立ては「パーキンソン病じゃないよ。パーキンソンの症状が1つもない!」と言われました。マドパーを服用しているからと訴えても聞き入れられませんでした。見事な誤診です😤

処方された薬は、見当違いのものばかりでした。
◎メマイは低血圧から来ているからと“血圧を上げる薬”。
◎体の痛みをとる“腰痛の薬”“筋弛緩剤”⇒飲み始めると凄まじい眠気と倦怠感が現れました。
結局、体調は前より悪くなりました😭

もう一軒の病院は、もっと酷くて、大量のロキソニンが処方されました。だから、私は今もパーキンソン友の会に入ってません。そんな病院を紹介している「友の会」そのものも信用できなくなったのです。※後に、広告の掲載は「友の会」とは関係ないものだと分かったのですが、その判断力も無くなっていました。

しばらく飲んだマドパーでこの後、半年くらいは動けるようになりました。短時間充電した携帯電話のように。そして充電は、もう直ぐ切れようとしていました。