外出や旅行をあきらめないで(注意事項付き)一覧

パーキンソン病になって初めて「新幹線」一人旅!交通手段の障害者対策のおかげです。

パーキンソン病だからと遠出をあきらめていませんか?無理は禁物ですが、移動手段の電車や新幹線、駅そのものが障害者にとって❝使いやすい環境❞を提供してくれるようになりました。調べたり、問い合わせたりすると、意外に「これなら行けるかも!」って思いますよ。世界を広げましょう!

パーキンソン病でも自由に出かけたい!『進化する電動車いす』。レンタルもできます!

「WHILL Model A」という電動車椅子が発売された時、凄いと思いました。カッコいいんですよこれなら乗ってみたい行きたい時に、行きたい所に自由に行けるってことは、パーキンソンン病患者にとっては本当に嬉しいことなんです。

パーキンソン病の権威・順天堂大学 服部教授の医療講演会へ!もちろん、一人でのお出かけは注意が必要です。

情報に振り回されてはダメですが、パーキンソン病について必要な情報はシッカリと自分の耳で聴きたい!そんな思いで、電車に乗って一人で出かける決心をしました。体調と相談し、まず1歩踏み出してみましょう! 色々な企画をしてくださる『パーキンソン友の会』のフタッフの皆様に感謝です。順天堂大学の服部先生の講演会で得たものは大きいです!

パーキンソン病だからと「できないこと」を増やさないで!周りに助けを求めても、思い切ってやってみましょう!

出かける時は不安です。出先で動けなくなったら、他人に迷惑をかけたら、転倒したらって、でもパーキンソン病じゃなくてもハプニングはありますよね! カバンに一番最初に入れるものは❝ピルケース❞。そして、その中にはスタレボとソラナックスが2回分入っています。 もしもの時の常備薬。財布と携帯とピルケースが有れば、何とかなります

パーキンソン病は引きこもってはダメ!自分のペースで歩行しましょう!

パーキンソン病になると家に引きこもりがちに!でも外の空気に触れる、季節を感じる、買わなくても素敵な物を見る、それだけでも楽しくなります。脳への刺激にもなります。家の中で座りっぱなしはダメです同じ姿勢を続けるのは、せいぜい1時間位にしましょう。

パーキンソン病でも事前準備をシッカリしておけば「泊りがけの旅行」も大丈夫!

何事もやってみないと分からない!困れば『知恵』が出てきます。そして、歳と共に図太さ(いい意味で!?)も。パーキンソン病になってから初めての、それも家族以外の人との❝泊りがけ❞の旅行!迷惑かけずに行けるか?出発するまで心配でした。でも、事前準備と周りの支えがあったおかげで実現しました。

NO IMAGE

パーキンソン病の私との旅行…友人は楽しめるの?ホテルやテーマパークも障害者対応はバッチリ!

友達と計画していたのは『USJ』。休日で混雑するテーマパークで『パーキンソン病』の私は楽しめるのか?友達に迷惑をかけないか?心配でした。 本当に出発するまでの心配やドキドキが、いざ出発してみると「こうなったら、楽しむしかない!」に変わっていました。

NO IMAGE

パーキンソン病だと友人との1泊旅行は無理…?諦めてはいけません!

「腰折れ」「首下がり」で、一時は諦めかけた友人との1泊旅行。パーキンソン病おばさんの珍道中!何とかなるものです今は、交通機関もホテルもテーマパークも障害者対策は、かなり進んでいますシッカリと事前準備さえしておけば『泊りがけの旅行』を楽しめるようになりました。

サイド上
サイド上