パーキンソン病になって、家族や友人との時間が宝物に!


なんでも話せるって良いな!泣きごと言えるって良いな!聞かされる方はたまったもんじゃないですけど…。パーキンソン病になって、そんな家族や友人が宝物になりました。

今までも、これからも周りに支え続けてもらうでしょう。私も他人を支える事を考えなければ!障害があってもできる事はあるはずです。

病気にならなくても家族や友人は大切でした。でも、自分がこんなに我儘で皆に甘えっぱなしだったとは…😔そのあたり書いていきます。

サイド上

スポンサーリンク

パーキンソン病になって、多くのことに気づかされました!

自分が仕事をしていた時は、いかに効率よく仕事と家事を両立させるか❗そればかり考えていました🤔自分は、いつも元気で他人の支えなど必要ないと思っていたからです

そのくせ、落ち込むとグジグジと愚痴ってばかりで、なんというウットウしい妻で、母親だったのだろうとパーキンソン病になり、支えが必要になって初めて気づかされることばかりです

徐々に進行してくる病状に不安を感じつつも、日々自分でできることは、自分でできるように工夫をしながら暮らしています

でも85歳になる私の母親には「パーキンソン病」のことを理解することは難しいようです😔

私の場合、筋固縮が強いので、足の指が痛かったりするのですが、比較的『ジスキネジア』はアゴニストが合っているのと、レポドパを頻回服用にしているせいか体調が悪い時以外は強く出ることはありません。

ただ年末年始で忙しかったり、生活に変化があると、歯磨きしてる間もクネクネ、椅子に座っててもクネクネ話をしていてもクネクネ…それを誤魔化そうとして、わざと手足を大きく動かしてしまうのです

今日、実家で母から『あなたと話しをしていると、ジェスチャーが大きくて、見てると目眩がするわ。』と言われてしまいました😭ショックでした‼

徐々に病状が進行している事は自覚していましたが話している相手が目眩を起こすほどとは…。しばらく立ち直れませんでした

ただ、どんなに疲れても家族が揃う『年末年始』は最高です実家に行くと、姪の子供たちも増えて賑やかです。笑顔が溢れて良いですね~🎍

そして私と主人、娘夫婦、遠方で働いている息子の5人が揃う日でもあります🎍一年に、ほんの1~2日ですがヤッパリ家族って良いな~と実感します😍


子供たちが帰る日は『帰らないで~』って感じ。パパと2人になると
放心状態です😵※一番私を支えているのは、パパなんですけどね

ただ、母もパーキンソン病を理解はできなくても、娘である私の事を心配しない日はないようです。兄弟達も!どれほど家族の支えが大きいものかは、健康だったら分からなかったでしょうね‼

家族や友人の大切さを書いた他の記事はこちらです。⇒クリック

 

支えてくれているのは、友人も!

でも、難病になんかなりたくなかった❗ どうして私が1,000人に一人の難病になってしまたのか?高校時代の親友に泣きながら話をしました

その時の彼女の言葉が、今でも私の心の支えです。『あなたは、パーキンソン病という1,000人にひとつの病気の球は、当たったかもしれない。けれども当たらなかった球の方が多いんじゃないの?皆、ひとつやふたつ痛い球は当たってるんだよ!大丈夫。』って言ってくれました。ありがたかったです😭

来年のお正月は、私と主人、娘夫婦と息子で、泊りがけの旅行に行く計画をたてています‼その旅行を目標に、体調を整えたいと思います🚙

コメント

  1. 立花  亮 より:

    こんばんわ 初めまして 兵庫県明石市に住む 立花と申します。
    フエイスブックからきました、宜しくお願い致します。中身の濃い
    ページに感服いたします。今後ともよろしくお願いいたします