パーキンソン病の診断が下って5年目を迎えようとしています。


これからどうなるんだろう?!という不安と向き合うのって、こんなに大変だと思いませんでした。はらってもはらっても、付いて来る❝虫❞のようにパーキンソン病は、私の頭から離れてくれません。殺虫剤が効けば良いのですけどね

5年目ともなると、さすが進行性の難病!順調に進行してます。今回はそんな私のパーキンソン生活について、チョッとだけ触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

サイド上

スポンサーリンク

夕方からの「オフ」が徐々にキツクなってきました!

最近ではオンからオフに切り替わるというよりも、もっとハッキリと「オフ」のスイッチが入る感じがします。

オンのスイッチが切れたのがオフではなくて、「オフ」にも別のスイッチがあるような感じです

左足の小指の固縮は前からヒドク、時にはスリッパが擦れただけでも『どこか怪我しているのかな?』と思うほどです👣

それが右足の第4指も痛むようになってきました神経内科の主治医は、やはりまだ飲んだことのない❝エフピー❞を試してみたいようです。

ただ、以前エフピーと飲み合わせが禁忌の抗うつ剤❝リフレックス❞を断薬した事で、むずむず脚症候群が悪化し、精神的にも不安定になりました。

そこで今は、薬の見直しをするべきではないかも…という方針で治療を進めています🤔

ただ、お風呂に入る時間くらいからは「指の痛み」と「すくみ足」で1m置きに何かに掴まりながら慎重に進まなければいけなくなってきました

レポドパも夜から何故か効きません。何とかベッドにたどり着き、眠りにつくと朝まで眠っていられるだけマシなのでしょうが…。それでも、近頃は夢で叫んでいるそうです(パパ談)。

進行を自覚する瞬間って、いつもツラいです!

そして反射が悪くなったこと、物に当たってよく倒したり、こぼしたりするようになったこと‼担当PTから❝かかとが上がってます!足の裏全体でバランスを取って下さい❞と注意されることが多くなりました。

言われてみると本当にその通りです。病気の進行は止められませんね

悪いことばかりじゃないかもしれません!

けれど、それに反して❝顔つき❞と言うか❝表情❞は以前よりもズッと良くなったと言われることが増えました😊

食欲もあります🍴元気そうじゃないのなんて声をかけてもらうこともシバシバ…。パーキンソン病って本当に不思議な病気ですね。あと何年付き合うことになるのやら

医療の進歩に期待したいところです‼私が生きている間、欲を言えば65歳くらいで、まだ何とか人生を楽しめる位の年齢で❝完治❞とまではいかなくても❝改善❞が見込める治療法が見つかることを祈りつつリハビリに励みます

今もこうしてパソコンに向かっていても足の指はカチカチですでも、それにも慣れました(笑)

パーキンソン病5周年🎉(体調を崩してからだと10周年超えてますが…)の症状報告でした

スポンサーリンク