パーキンソン病の診断までは、まだまだ…。ドクターショッピング③信頼できる歯科医師との出会いも!


ドクターショッピングの中でも、今も信頼関係が続いている歯科医院との出会いもありました。パーキンソン病になって、『食いしばり』がヒドクなってからは、その出会いを増々ありがたく思います。何か良いことはあるもんです☺診断までの道は、遥かかなたですが…。

この歯科医院だけは、専門外のことでも『可能性』を考えてくれました。パーキンソン病とまではたどり着きませんでしたが、いろいろと❝歯❞以外のことでカウンセリングをしてもらい、苦しい中で頼りにしていました。
サイド上

スポンサーリンク

体調は、全く回復の兆し無し!というより悪くなるばかり!

この頃、私の年齢は47歳。更年期障害かも?婦人科にも相談に行きました。まさにドクターショッピングです‼

“プラノバール”というホルモン補充薬で治療をしましょう。」直ぐ効きますよ!と先生に言われ、数か月服用しました。

結果は、生理がキッチリ28日周期で来るようになっただけで、ツラい状態には何の変化もありませんでした😔

じゃあ、私の病気は何なの⁉心療内科で貰う薬は、ドンドン増え続け、メイラックス、ソラナックス、エリスパン、コロネル、ビオフェルミン…。

それだけ飲んでも体調は良くならず、ますます不安がつのります。薬が朝ご飯?って思うほどの量です😭

今も頼りにしている歯科医との出会い!

そんな時、『歯の噛み合わせが悪いと、身体が歪み、体調が悪くなる。』『マウスピースで噛み合わせを矯正したら、あらゆる身体の不調が治った!』という記事が‼

また、私はすがる思いで評判の良い歯科医院をネットで探し、早速通い始めました。

元々、噛み合わせが悪く、下あごが出ていたので“今度こそ”と思ったのです。歯科医院で、丁寧なカウンセリングを受け、治療が始まりました。私の1年間の医療費は、10万円を軽く超えるようになっていました

それでもまだまだ、パーキンソン病診断までの道のりは、はるかかなたでした

ただ、この歯科医院とは9年経った今でも信頼関係が続いています。先生の腕は折り紙付き!でも料金は良心的で明朗会計です(笑)。マウスピースをひとつ作るのにも、材料費から説明してくださいます。
※パーキンソン病で”食いしばり”がある場合は、自分に合わせた「マウスピース」は必需品です。

数万円するような、ビックリする金額のマウスピースで体質改善とかを謳い文句にしているような「週刊誌で見かける歯科医」もありますが、数千円でピッタリの物を作ってもらえます!歯科医を選ぶ時は、必ずキチンとカウンセリングをしてくれる医院を選びましょう!

今も定期的に歯茎と歯のチェックに通っています。『パーキンソン病』となった今では、体の中で健康に保てる部分は、1箇所でも多く良い状態を持続させておきたいものです

歯科衛生士さんたちにも、私が『パーキンソン病』に罹患していることを説明してもらっているので、とても丁寧に対応してもらっています。障害者となった今は、医院内が完全バリアフリーなのもありがたいですね!※個人情報を勝手に流したわけではありません。

河合歯科医院 のホームページはこちらからどうぞ‼

(追記)上の親知らずなら院長先生の手にかかれば抜歯は秒殺。私は抜けたことに気づきませんでした

コメント

  1. shin より:

    おはようございます☆恐ろしい位症状が似てます☆って言うかほぼ同じですね☆パニック障害~若年性パーキンソン病~いつ発病したか忘れてしまいましたが32歳頃かなぁ現在52歳☆振り返るといろんな事が起こり過ぎててしんどい☆更に今年は4月初め頃からすくみ足からの突進で転んでしまい両膝を痛打。これからの人生は心身共に乗り越えて行けるのだろうか?改めて理不尽な病気と思います☆

    • コメントありがとうございます。この病気にはいろんな表現をしてきました。厄介な病気。パーキンソン星人(地球の重力に合わないんです)。そっか~“理不尽な病気”もアリですね!!と変なところに感心してしましましたが(^^ゞ病気に対してポジティブモードの時とネガティブモードの時の差が酷くなってきましたね。何とか崩れた姿勢だけでも立て直そうと只今奮闘中!いつまで精神力が持つか…。でもでも、このまま終わりたくはない。なのにこの理不尽な病気のツラさを忘れようと自分を忙しい状態に追い詰めて、できていないことが山積みになって立ち往生の繰り返しです。何だか複雑な毎日を送っている今日この頃。私もこれからの人生…と思うと呆然となることがあります。尻もちをつくたびに、落としたものを拾おうとして椅子から転げ落ちるたびに!でも生きているのです。生き抜くしかありません。コメントいただくと、こうやって自分に言い聞かせることができます。ありがとうございます。