パーキンソン病になると“やせる”人が多いのはナゼ?


私は、元々が『やせ型』。パーキンソン病になって、たくさんの薬を飲むようになったせいか、他に原因があるのか?体重が減り続けています↘↘他人からは「良いわね~」なんて言われますが、TVで次々と美味しそうなご馳走を口に運ぶタレントさんを見ると、私って人生の大半損してる❗って思います。

それでも、パーキンソン病になるまでは『痩せの大食い』って言われるぐらいモリモリ食べていた時期もあったのですが…。❝食べ放題❞とかのお店には、まず行きません‼だって元が取れないですから😤

今回は、
*パーキンソン病になると痩せる?
*痩せるには原因があるの?
*何か対策はないの?
について書いていきたいと思います。

サイド上

スポンサーリンク

実際、パーキンソン病になると『やせる』人は多いのでしょうか?

パーキンソン病のブログを拝見すると、ヤッパリ「○○㎏、一気にやせた!」とか「家族が、ドンドンやせていくのがツラい」といった記事が多いです。

嚥下障害で、食べ物が上手く食べられなくなるため?とも考えましたが、初期の頃から体重が激減する人もいるようです。私が、体重のことで悩み始めてから医療講演会などでパーキンソン病の人が集まる機会に周りを見渡してみると…本当に「やせ型」の人が多い‼

動かないから筋肉が落ちた⁉いや、まだまだ杖も持たずスタスタと歩いている人も「やせている❗」のです。ただの偶然なのでしょうか?何か理由があるのでしょうか?

ちなみに、私は153㎝で37㎏。通所リハビリで体重測定があるたびに、スタッフの溜息が聞こえます。とりあえず目標は40㎏なんです。前回は38㎏まで盛り返したのですが、今薬合わせが一段落したところで、次の目標の❝抗うつ剤・リフレックスの断薬に再挑戦中❞なのも、体重減少の一因かもしれません。

お薬合わせも一段落!もうひとつの課題「抗うつ剤の断薬」に再挑戦。の記事はこちらです。⇒クリック

ただ、パーキンソン病は人それぞれ症状が違います。やせる人、そうでない人がいるはずですよね‼「やや、やせている人が多い傾向にある」くらいでしょうか⁉

パーキンソン病の人が「やせる」には原因があるのでしょうか?


この原因に対しても調べてみましたが、明確な答えとなるようなものはありませんでした。ただ、近年パーキンソン病は
振戦、筋固縮、無動、姿勢保持障害の4大徴候だけでなく全身疾患としてとらえられることが多くなってきています。

中でも、非運動症状として精神症状や自律神経症状が注目されるようになりました。精神症状としては『抑うつ傾向』が40%にみられるといわれているのを始め、幻覚、幻視、そして病気の経過とともに出現してくる可能性がある認知症状などです。

自律神経症状としては、なんと80%以上の方にみられるとされる便秘、起立性低血圧、頻尿などがあげられます。それ以外で挙げられている症状に、やせてくる、疲れやすい、においが分からないなど本当に様々なものがあります。なんて厄介な病気なのでしょう😱

そして、その『便秘』ですが(これは、以前にもブログで何度か取り上げています)、パーキンソン病の場合は❝手強い❞場合があるようです。パーキンソン病の消化器症状が安定していないのは、私も経験済みと言うか、しょっちゅう悩まされてます。

手強い便秘の場合は、通常の下剤による治療では十分でなく、難治性…時にイレウス(腸閉塞)に近い状態までになる症例があることもあるのです。これら症状により、栄養状態が悪化し、体重が急速に減少するような場合も考えられるとパーキンソン外来の医師のコメントにありました。

便秘に関する記事はこちらです。⇒クリック

そのコメントには、パーキンソン病における栄養はあまり注目されていませんが、経過の長い患者さんほど栄養状態の低下が認められるとのことです。そして、私たちパーキンソン患者にとって❝命綱❞のレポドパには消化管の動きを押さえる傾向があるそうです。逆に、消化器の症状によりレボドパの吸収が遅れ、パーキンソンの症状にも影響を与える…負のスパイラルですね。

そして「嚥下障害」の問題がなくても、進行期パーキンソン病の患者では明らかな理由がなく体重減少が起こる可能性があるのだそうです。徹底した全般的な健康診断を行なっても原因を明らかにすることは困難なようです。

体重減少に対して、対策はないのでしょうか?

《無理のない範囲で運動をしましょう!》


パーキンソン病も初期の頃は、薬がよく効きますから健常者と変わらない動きができるかもしれません。でも進行期になると、どうしても運動量が少なくなります。と言うことは❝筋肉量❞も減少⇒体重も減少‼となってしまいがちです。

私は今、通所リハビリが週2回。訪問リハビリが週に1回です。TRXという❝ひも状の❞器具を使った運動も筋肉を使います。座位のみで行う利用者と途中から立位のバランス運動を取り入れるグループに分かれます。一見何ということのない動きに見えて結構❝筋肉プルプル❞になります。運動機能訓練士がシッカリと付いていてくれるからこその訓練です。

音楽に合わせた「体操」も手に持つのは、❝空のペットボトル❞、❝半分ぐらい(250g)❞、❝500g❞、そして私は700gのダンベルを両手に持って行います。リズムも徐々に速くしたり、途中手と足を交互に出すように指示が出ます。たったそれだけのことなのに頭が混乱します。

健常者なら加齢とともに筋力が落ちても、さほど問題はないかもしれません。けれどパーキンソン病の場合は、無理のない範囲で筋力が落ちない努力は必要です。これだけしていても、筋力は進行とともに落ちてきます。

訪問リハビリの担当PTから❝自主トレ❞の課題が出ます。翌週まで自分でするのですが、人間てヤッパリ楽しちゃうんですよね~。次の週に「はい、じゃあ横になって足を10回上げて、その後10秒キープです」との指示。ほら、できてるでしょ!って感じで❝ドヤ顔❞したら、足を5㎝ほど後ろに引っ張られました。真っ直ぐ上がってなかったんです😅

楽してたんですね…。その5㎝がキツイ‼もう、足がプルプルです。リハビリと筋トレとは違います。でも、筋肉が痩せてしまわないように、何度も繰り返しますが、無理のない範囲で正しい筋肉トレーニングをしましょう。

《漢方薬を処方してもらうのも一つの対策です》


私は、漢方薬がチョッと苦手なのですが、今回は主治医が「頑張って飲んでください」と譲りません!処方されているのが『ツムラ43』(六君子湯)で、4度目の漢方です。近頃、食欲がなく、ダルイ、体重が減っていると話しをしたら処方されました。そして、何とかこれは頑張って飲むようにと…。8種類の生薬から有効成分を抽出して作られています。

六君子湯の効能:慢性胃炎・食欲不振、機能性ディスペプシア、易疲労感・全身倦怠感、抗うつ剤の副作用による胃腸症状※機能性ディスペプシアとは、胃の不快症状があるにも関わらず、検査を異常が見つからない状態を指します。

六君子湯は、自律神経を整える働きも持っているようで、2週間~1ヶ月くらい飲み続けて効果を実感する場合が多いようです。

たかが『やせる』だけでオーバーな‼と言われそうですが、当の本人にとっては切実です😔病気になっただけでも落ち込むというのに、やつれてくる…。食欲がなくなる、疲れやすい、勘弁してほしいです。六君子湯が効きますように‼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイド上
サイド上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 久美子 より:

    ???どうして私は痩せないのでしょう?臭いがわからない、頻尿、便秘、よだれ、むずむず脚症候群…あらゆる症状に悩まされているのに…      かなりぽっちゃりです  というのも、重度の不眠症で夜の異常行動で無意識のうちに(意識あるような無いような)過食に、これではいけないと落込み、少し痩せたと思えばリバウンド
    安定剤、睡眠導入剤、睡眠薬、何を処方してもらっても…
    パーキンソン病の症状で不眠で悩まれてる方もたくさんおられるのでしょうか?

    • 『不眠で悩んでいる人は手をあげてください!』って言うと、かなりの数の手があがるんじゃないでしょうか?そして、私の手もあがっています。自律神経の調節が上手くいっていないのかな~…。

      それと、私は、ドーパミン補充療法の影響からの依存(DDS:ブログでもとりあげてます)?と思えるような行動をしてるのかも?と思うことも。何かをし始めると終わるまで止められないんです。

      たまたま、私の場合は掃除だったり、物を作ったりと周囲から見れば“良いこと”に分類されるから「無理しないでね」で済んでますが、本人の私は“どこか違う”って感じてます。とにかく終わるまで覚醒状態で、全く眠くないんです。それが、何日も続くことも珍しくありません。

      不眠にもいろいろあると思うんです。寝つきが悪い、何度も目が覚める、眠りが浅い、悪夢をみる、など。どうしてPDは、こんなにも色々な症状が出てくるんでしょう?

      私が痩せるのは、起きている時間が長いからでしょうか?いつもどこかの筋肉が動いていて固縮がキツイせいでしょうか?明確な答えはありません。ただ、グッスリ眠れないのはツラいです。

      薬の効能を最後まで読むと、不眠の薬の副作用が“不眠”だったりしますから。不眠に悩んでいる人は多いと思います。

  2. そうちゃん。 より:

    ブログは初めてで分からないのが本当です。たまたま、見ていたらこのブログでした。本当に救いがあった気持ちです。凄く勉強していて頭が下がります。見つけて以来、何時も見てます。頑張って下さいね。勇気が出ます。

    • 本当にありがとうございます。私にとってもコメントは救いです。勤めていた会社ではPCが一日の大半を占めていましたが、ブログは私も初体験なんですよ!あまりに落ち込む私を心配して(当時は何故か自殺念慮もありました)、主人が薦めてくれました。最初は無料ブログで日記をつけるように書いていたのですが、この厄介で罹患した当事者しか分からない『パーキンソン病』ってどんな顔してるんだろう?と思って調べ始めました。
      おかげさまでGoogleの承認を取ることがことができました。一文字一文字自に言って聞かせるように…。“もうダメかも”と何度思ったことでしょう。でも、ダメなものはダメなのです。なっちゃったものは受け入れなければいけません、と理屈を並べてみても症状が出るたびに、気分は凹みます。後ろ向き全力疾走だけは得意なんですヨ!

      • そうちゃん。 より:

        なんか、似てるのでついついと… 私のところも子供が今年、就職が決まり働き出しました。これから、色々と考えていた矢先でした。今でも受け入れて無いのかも。症状を確認したく見ていたら出会いました。本当に参考になります。ありがとうございます。自分自身が向き合わなければと思いますが。少しづつです。

        • そうなんですね!でも、なかなか受け入れられるものではありませんね。オフの時は、地球の重力に逆らえない宇宙人です。美容院に行ったり、メイクをしたり、せめてもの抵抗ですが…パーキンソン病は手強いです。ブログの中でも書いているし、コメントくださった方にもよく話すのですが、私の主治医の言葉です。パーキンソン病は体調の波が大きい病気です。波が来たらまともに受けず、身を低くして波が引くのを待ちましょう。私は薬を増やして欲しかったのですが、こう言われてしまいました。でも、今は感謝しています。ブログにもパンパンに浮腫んだ足の写真とか載せてますが、その時も大丈夫!きっと良くなります。私にとって主治医の『大丈夫』は魔法の言葉です。

  3. そうちゃん。 より:

    プログに正直、どう入って行けば戸惑ってます。前回と同じ所から見ています。まだ、パーキンソン病と診断されてから暫くしかたってもないので… このブログは勉強になりますが今からどう、この病気と付き合って行けばいいのか分かりません。仕事もしているで不安だらけです。何処から入れば直ぐにこのブログ見れますか?素人ですみませんが教えてくだされば幸いです。

    • 私のブログのアドレスはhttps://pd-ikiru.com

    • 途中で、送信してしまいまし。「パーキンソンとゆったりいきてます
      」でも検索にかかるとは思います。

      私は、グーグルの規約で自分のサイトを検索できません。
      最初から時間のあるときにボチボチと読んでみてください。

      はじめの方は、まだ無料サイトで、ドクターショッピングのこと、それから退社し自分なんかもう消えた方が良いと思った時期。

      薬の副作用のことなど書いているうちに250記事くらいになりました。

      お仕事続けてください。早期で分かって、適切な服薬をすればハネムーン期と呼ばれるレポドバが良く効いてくれる時期が5年以上続いてくれるかも❗️

      分かりにくいようなら、また連絡くださいね!

      • そうちゃん。 より:

        仕事、今終わりました。明日の起床は5時30分です。不眠なのでそれでも早く起きてしまいます。朝は空腹感で目覚めます!食べても食べても痩せます。それから、毎日の便秘、大学病院からもらった便秘薬。効き目無し!大学病院の先生には痩せて困ると相談すれば近くの内科に行って下さいとのこと。誰に相談や話を聞いてもらえるのか1番の心配です。みなさん、どうしてますか?なるようになれ!ですかね😭、

        • ちょうど、新しいブログを書き始めていたのでビックリしました。お仕事お疲れ様。便秘はパーキンソンにはつきものです。今回書く題材にも取り上げてますし、今までも何度も書いてます。貰っている便秘薬は何ですか?一般的なのはマグネシウムのマグミット。粉状のものと錠剤があります。これが効かないとなるとアミティーザを処方されることが多いかな?共通して言えるのは、腸を揺さぶって無理に出すのではなく、便を軟らかくして出すようにします。大学病院や総合病院が皆そうかというと…違うと信じたいですが、私は総合病院から個人の脳神経内科に転院しました。見違えるようになったと言われます。あくまで私の例です。便秘は薬だけでは出ません。パーキンソンの人は水分摂取量が少ないことが多いです。薬+水分で頑張ってください。1500㎖は最低飲みましょう。私は、最初から用意しておいて飲み干せば合格!としています。皆、なるようになれ!なんて思ってないです。必死ですよ。友の会はないですか?懸命に頑張っています。私も体調を崩し、凹んでましたが、そうもいかず踏ん張ります。体重は気にしないようにしています。今37㎏。食べれるなら大丈夫!!

  4. 住田 興治 より:

    始めまして、私はパ-キンソン病を患っている(5~6年前から)妻の亭主です。
    1~2年前から体重が減少しいると本人から聞いていましたが始めの内は日々ジムに毎日通っているので其の成果が出てきているのではと軽く受け止めていました。
     1・2年前から本人の手の甲が余りにもか細くなっているのに気付きましたが、最近になって体重が激減していると聞かされ大変驚いて居ります。主治医に相談させましたが具体的な反応が得られず家族として大変悩んでいます。ブログを読ませて居りますお互いに頑張りましょう。

    • コメントありがとうございます。奥様のこと、ご心配ですね。大変失礼な質問なのですが、奥様は便秘にお悩みではないでしょうか?パーキンソン病は自律神経障害からくる消化器系への影響が大きい病気です。一番新しい記事が3度目位の便秘対策の記事になっています。便秘がヒドイという声も多く、自分自身も悩まされたので書いてみました。たかが、呼吸と思われがちですが深呼吸や大きな声で話す、また便秘解消に腹式呼吸は私の場合ですが、効果がありました。それからシンドイとは思いますが、できる範囲で姿勢を気にしてみてください。肩甲骨を寄せる感じです。自然に胸が開き、骨盤が立ちます。私は、以前に比べて快食快便(すみません)になりました。それでも、くじけそうになりますね。たいしたアドバイスではないですが、これからもブログ応援お願いいたします。