パーキンソン病が原因?薬調整しながらの「むくみ対策」から3ヶ月近く経過。


訪問リハビリの担当PT(理学療法士)から、「アレッ?足が少し浮腫んでませんか?」と言われたのが昨年の11月の初旬過ぎ。その時は、自覚症状がなく、笑って済ませたのですが、その直後から徐々に「浮腫み」が目立ち始め、そのうち“パンパン”に!主治医は利尿剤を使わずに何とか治療を!という方針を変えず3ヶ月が経過。どうなったでしょうか?

その時の記事はこちらをクリックしてください!

とにかく、靴が履けない(中敷きを抜いてようやく履ける靴が2、3足見つかりました。それでも靴から肉がはみ出しています。

しゃがめない。足の甲の肉が邪魔をして、引きつるような痛みもプラス!ただでさえ自分の体が思うように動かせないパーキンソン病患者にとっては“ダブルパンチ”です。※それもグーパンチ!

夜の靴下の“跡”がハンパない。粘土細工だとグルっと一回りそぎ落とした様な、輪っか状に凹んでました。その凹みがピタッとしたレギンスだと、その上からでもハッキリと分かるくらいでした。

サイド上

スポンサーリンク

利尿剤はどのような病気・症状に使うの?

 

❖浮腫み(むくみ)の原因は?

「浮腫」は皮膚の下に水がたまった状態。足の甲や足首がパンパンになって“くるぶし”はどこ?みたいになったり、手の場合は握ると違和感があったりしますよね。※体験者しか分からないですが…。

アルコールを飲んだ翌朝などは一時的なものなので、暫くすると元に戻ります。それが、何日間も浮腫んだままだったり3kg以上水分が溜まる場合は内臓病(腎臓、心臓、肝臓など)を疑って、念のため受診し、必要であれば一度検査を受けておいた方が良いかもしれません。

「浮腫み」は、痛いとは言え我慢できないほどではないので放置されやすいようです。内臓病からの浮腫みは両足が浮腫むことが一般的ですが、手や顔も浮腫む場合があるようです。内臓病を知らせてくれる“危険信号”としてとらえることが大切なようですね。

薬の中にも体を浮腫ませる作用をもったものが多いそうです。人によってその作用の出現には差があるとは思いますが、漢方薬、鎮痛剤、高血圧の薬、ホルモン剤などが挙げられるようです。
 
今どきの(古い言い方…)若い女性の中には、充分にスマートなのに病的とも取れるほど“浮腫み”や“体重”を気にするケースがあることがメディアでも取り上げられた記憶があります。そして、浮腫みを取り除くために「利尿薬」を乱用してかえって病気になってしまった!などという例もあるようです。

❖利尿剤の効能は?

利尿薬には、血液中の過剰な塩分を尿として体の外に出し、浮腫み取ったり、血圧が高い場合は血圧を下げる効能があります。利尿剤は、朝から昼にかけて服用するように処方されることが多いようです。夕方以降に服用すると、夜間トイレに行く回数が増え、睡眠障害も併発する可能性があるからだそうです。

【主な利尿薬の種類】 
ループ利尿薬
商品名:ラッシクス錠、ダイアート錠など
利尿作用は強力です。心臓や腎臓・肝臓の機能が低下し、浮腫みがある場合に使用されます。血圧を下げる作用は、それほど強くないとのことです。

ただ、血液中のナトリウムやカリウムといった成分が尿とともに排泄されるため、それらの値が下がり過ぎるという副作用が出る可能性もあるようです。

サイアザイド系利尿薬
商品名:フルイトラン錠など
こちらは、浮腫みに対する作用は穏やかなようです。その一方で血圧を下げる作用はループ利尿薬より強いため、“血圧の薬”として使われることが一般的みたいですね。ループ利尿薬と併用することもあるようです。

副作用としては、糖尿病の患者さんが大量に使用すると返って糖尿病が悪化することがあり、尿酸値が上昇することがあるとのことです。

カリウム保持性利尿薬(抗アルドステロン薬)
商品名:アルダクトンA錠など
副腎から分泌され、血圧を高める作用のあるホルモンの働きを抑えるため、穏やかに働きかけ血圧を下げます。また心不全の改善に効果が期待されるそうです。また、カリウムを体外に排出しないという特徴があるため、他の利尿薬と併用して使用することが多いようです。

 逆に他の利尿薬と異なり血液中のカリウムが上がることがあります。また、長期使用で、乳房がふくらんだり痛みを感じることがあるそうです。

炭酸脱水素酵素阻害剤
商品名:ダイアモックス錠など
分類は利尿薬ですが、浮腫みをとる作用は弱く、主に眼圧を下げる働きを利用して緑内障の治療やてんかんの治療、肺の病気で血液が酸性になった時、月経前緊張症、睡眠時無呼吸症候群などに使われるそうです。

稀ですが、血液障害とアレルギーによる皮膚の発疹です。服薬後、一時的に視力が落ちたり、手足や口のまわりがしびれるような感じがすることがあるとのことです。

私の『浮腫み』の原因を調べるために2回血液検査をしました。1回目は内臓に異常はないかを調べるため。2回目はアレルギー反応を調べるためでした。2回とも全く異常なし

上記の様な副作用のことを考えると、内臓の異常もなく、上が80くらいの低血圧の私に『利尿剤』を使わなかったのは、やはり正解だったのでしょうね!でも本当にパンパンだった時は「どうにかして~!」って感じでした。

ひどい浮腫みから漢方と減薬治療で3ヶ月後の結果です!


●一番ひどい時の足です。前回同様、お見苦しいですが、絶不調の足です。これ何?状態ですね。

ここまで!?って皆に驚かれました。

●少し前に撮った“足”です。本来の1割増しくらいまで戻ってきました!

やっと、靴が履けるようになりました。PT(理学療法士)からは、あとは“くるぶし”が出てきたら、ほぼ元通りかな!と言われてます。本当にビックリしました。

❖パーキンソン病の『浮腫み』の原因として考えられるのは?

まず挙げられるのが、自律神経障害。血液の循環が悪くなる⇒体温調整がうまくいかなくなる⇒手足が冷えやすくなる⇒足が浮腫む!

次に考えられるのが、薬の副作用です。特にドーパミンアゴニストで起こりやすいと言われています。ただ、パーキンソン病の症状には波があります(これは、以前ブログでも書きました)。同じように薬を飲んでいても、強く浮腫みが出る時と軽いときとがあったりします。本当に不思議な病気です。

他にも、パーキンソン病になると体が動きにくくなる⇒座ったままで、下肢を動かさない時間が多くなる⇒ずっと足を下ろしている姿勢でいると、下肢が浮腫む。※本来なら心臓から足へ行った血液は、筋ポンプという筋肉の収縮で静脈血を心臓へもどしているのです。

❖浮腫みの対策は?

まず、とにかく冷やさない!できるだけ自分でも足のマッサージをしましょう。でも、ハードルは上げ過ぎないでください。長続きしませんから…。

寝る前、起きた時に足首から膝に向かって10回ずつぐらい上下にさする。膝から太ももにかけて10回ずつくらい上下にさする。足首をクルクル回す。この程度ならできますよね。凄いメニューを組んでも三日坊主では効果は出ません。パーキンソン病は、何事も『継続は力なり』です。

次に薬です。直近で増やしたものから減らしていくのが、私の主治医のやり方です。一日2錠×2(4錠)飲んでいた“シンメトレル”を1錠×2回に減薬して様子を見てみました。それでもパーキンソン病の運動症状に問題は無かったため、今も減薬したままです。

受診を4週間に1度から2週間に1度に増やしてもらっています。漢方薬の五苓散を増やして様子を見る。ひどく浮腫みが出ていた時は、排尿の量も少なかったので、水分を摂ることを常に意識するようにしました。

この五苓散は、体力に関わらず使用でき、浮腫みにも効果があるとのこと。効き目もマイルドなので他に飲んでいる薬と併用しても問題なしということで処方されました。

そして、1ヶ月前から「むずむず脚症候群」のために飲み始めた“ランドセン”を1錠×3回から1錠×2回に減薬。それで、症状の悪化が見られなかったため2週間前から0.5錠×3回に減薬しています。薬が随分とシンプルになりました。減薬を始めて1ヶ月半くらい経った頃から徐々にですが、浮腫みが引いてきたように思います。

ただ、どうしてもパソコンの前にいることが多かったり、趣味の手芸や織物に夢中になっていたりすると“同じ姿勢”を続けることに…。これは、担当PTに即!見破られます。見事です。

まとめ


まだ、完全ではないですが良い感じで回復しています。リハビリのおかげと減薬が上手くいっているおかげです。肝心の私の自覚が足りません…。もっと体を動かさないと寒さで血行が増々悪くなりますね!ただ、転倒には気をつけます!