パーキンソン病に効くという『グルタチオン点滴』。なぜ保険が使えないの?


『グルタチオン』で調べて、内容を読んでみると夢のような治療法…というイメージです。グルタチオンは、パーキンソン病、抗がん剤による神経障害、閉塞性動脈硬化症、その上デトックスなどにも有効とされています。

免疫システムにも働きかけアレルギーや喘息、弱った肝臓にも効果があり、❝アンチエイジング効果❞まで‼まるで魔法の薬ですね❗

パーキンソン病患者なら「この治療法は効く!」と言われれば、藁にもすがる思いで、その治療法を試してみたいと思います。私もその1人です。

今回は、グルタチオン点滴の❝グルタチオン❞とはどういうものなのか。それほど効果があるのに、なぜ保険が適応されないのか、など書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

サイド上

スポンサーリンク

グルタチオン点滴の『グルタチオン』って何?

グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物で、脳にとって最も重要な抗酸化物質のひとつ。脳を様々な有害物質から守る役割を担っているそうです。

強い抗酸化作用があるので、活性酸素を消去する抗酸化物質としての作用と薬物や毒物を排出するデトックス作用の2つの働きをします。一般に加齢と共に減少していきます。

『グルタチオン』で調べると、肝臓の保険医薬品として発売されています。こちらは点滴ではなく❝錠剤❞です。

《効能》
肝臓には、栄養素の分解・再合成、胆汁の排出といった機能のほかに、体内に入ってきたり、体内でできた有害物質を無害なものに変えて胆汁や尿といっしょに排泄する解毒機能もあります。なんらかの障害によって肝臓の解毒機能が低下すると、中毒症状がおこります。グルタチオンには、肝臓の機能の中でも、とくに解毒機能を高める作用があります。

とありますから、グルタチオンにデトックス作用がある事は随分前から実証済みの様です

その『グルタチオン』が、なぜパーキンソン病に効くの?

パーキンソン病患者の脳内には、この『グルタチオン』という物質が少なくなっている、というところまでは分かっているようです。パーキンソン病はドーパミンが不足して発症する病気です。

脳内の『グルタチオン』が少ないと、大切なドーパミンが作られる時に活性酸素が溜まってしまい、黒質の細胞が障害を受けます。その結果、ドーパミンが作られなくなくなる❗ということですね☝

ならば、パーキンソン病患者に少なくなったグルタチオンを補給すれば活性酸素はなくなり、再び黒質からドーパミンが作り出せるようになるのでは‼という理屈は納得できるような気がします。

グルタチオンは、元々私たちの体の中にある物質なので、それを入れたからといって副作用が出る確率は非常に少ない…というのも納得できてしまいます。

イタリアのSassari大学のチームが実際にパーキンソン病患者に グルタチオンを点滴投与したところ症状に大きな改善が見られたとのこと!現在米国の南フロリダ大学において臨床研究が行なわれているそうですが、日本ではどうなんでしょう⁉

それほど危険を伴う治験・臨床ではなさそうですが、未だに保険適応となる動きはなさそうですよね。なにかしらの理由があるのでしょうか?ひとつの仮説ですが、グルタチオンは錠剤で既にあった薬で特許が切れているため、製薬メーカーが儲からないため臨床に力を入れないのでは?とも言われています。

『グルタチオン点滴』の実際の効果はどうなんでしょう?

チョッと気になるのが、「劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。」や「自分で食事も摂れなかった患者が点滴療法を受けて6週間後、自分で食事ができるようになり、自分で歩けるようになった。その後、パーキンソン病の薬は必要なくなった」というような夢のようなコメント🤔

それが本当なら、パーキンソン病患者の何割かは『グルタチオン点滴』で要介護生活から自立した生活になれるってことですよね‼介護や医療費が激減する治療法を国が認めない、保険適応にしない、というのが不思議なんです。

特に劇的に効果がある場合と全く効果が無い場合がある…これって、効果が無かった場合には都合の良いフレーズのように思えるのですが🙄どうでしょうか?

保険が適応外となると『グルタチオン点滴』の料金は?

●自由診療なので病院によって違います。
例①:1 回 600mg~1,600mg を点滴投与。まずは週に 2~3 回を約 3 か月間行ない、その後は維持プログラムとして週に 1~2 回のペース。1 回の点滴時間は約 30 分。料金は2,000~5,000円。

例②点滴の量によって決まります。
グルタチオン点滴200mg⇒ 2,500円からグルタチオン点滴(高濃度)2,000mg⇒ 13,000円まで200㎎刻みで高くなっていきます!

3,000㎎で20,000円という病院も!多いのは1回4,000~5,000円ですが週に1~2回を維持していくには週に10,000円+交通費。月に50,000円くらいの出費です。それで、完治するわけではありませんから…。

この値段を妥当だと思うか、高いと思うかは人によって全く違うでしょうね。経済的に余裕があって『グルタチオン点滴療法』を受けてみたいという方は、決して危険な薬ではないので、試してみる価値ありかもしれません☺

私は経済的にも不可能ですし、サプリメントひとつでも主治医に報告してます。何が、パーキンソン病の薬に影響するか分からないからです。『グルタチオン点滴』を受けたいとか言おうものなら…「承認されてからにしましょう!」と笑顔でキッパリと返されるでしょう❗

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ★グルタチオン点滴についての記事はこちらです。⇒クリック ★CBDオイルについての記事はこちらです。⇒クリック ★クルミについての記事はこちらです。⇒クリック […]