パーキンソン病の診断から3年半。思い切って主治医を変えた”その後”です。


病院は星の数ほどある!とは言うもののパーキンソン病のような「脳神経疾患」を診てもらえる神経内科は、その辺りにゴロゴロと有るわけではありません。まして個人クリニックとなるとこの辺りにはありませんでした。

主治医と相性が悪い…。別に先生が悪いわけではないのですが、とにかく受診の度にストレスが溜まっていきました🆘

上手く転院できたのはラッキーとしか言いようがないです。と言う事は、良い事もあるんですね😀転院を決意した直前に、この地域で初めて開院したクリニックだったのですから。

悩みに悩んだ末に思い切って転院をした「その後」の状態を書いていきます。


サイド上

スポンサーリンク

ストレスが限界に達し❝リスク❞覚悟の転院でした。

一大決心の末、パーキンソン病の主治医を変えて、まだ1ヶ月半位ですが凄~く長く感じます🤔ビビりの私にとっては、大胆と言える決心でした。

本格的にパーキンソン病の治療が始まってから4年近くですが「何かが、自分の身体に起きているのでは?!」と思い始めてからは10年近くになるんです

ドクターショッピングの末にたどり着いた、総合病院の神経内科。私が主治医を変える直前に、その総合病院は大々的にリニューアルされ「神経内科」も週に2回の診察から週5回になったばかりでした‼なぜ、そのタイミングで転院し主治医を変えたの⁉と言われそうですよね😔

でも、今は本当に病院を変えて良かった~🌞って心底思っています。総合病院から個人クリニックに変えてストレスや心配事は本当に少なくなりました

『脳神経内科』の個人クリニックは、私が住んでいる辺りには今までなく、ラッキーな事に地域初の開院

進行期になり身体が痛くてたまらない時も、総合病院だとチョットヤソットで受診することは不可能。総合病院って受付の電話も事務的ですが、患者数が膨大ですから、イチイチ細かく対応してたら仕事が終わらないですよね~😟

予約外で、主治医と違う曜日の先生に診てもらうと医師同士の連携なんて全く取れてないし、冷たい態度を取られるしで、本当に失望しました😡

そんな時に、偶然ネットで見つけたのが転院先の病院!チョッと遠いけれど、土曜日も診察があるので、主人に車で連れて行ってもらえます🚙

電話をしてみると、特に紹介状は要りませんよ。お薬手帳や今までの病状が分かるものがあれば、それを持って来てくれれば診察します!とのことでした。

ちょうど『特定疾患』の更新の書類を書いてもらう時期だったのですが「その書類くらいなら一度診察すれば、進行具合は分かるので書けますよ!」とのこと。

おまけに『障害年金』の診断書も提出の月になっていたのですが、福祉関係に詳しいらしく診断書が書けないなんてありえないから大丈夫!と言われました。

主人と相談し、とりあえず受診してみることに!百聞は一見に如かずです😀スタッフはキビキビ、先生の対応も丁寧でした。

何より調子が悪くなれば、電話さえ入れておけば、診察時間であればいつでも診てもらえること😀本当に安心です

すごく不安な時は、電話で受け付けの人やナースさんに言っておけば、先生に伝言してもらえます。手が空いていれば、直ぐ先生に電話を回してもらえるし、お忙しければ後で返事がもらえます。

病状に変化があれば、リハビリテーション中央病院を紹介して下さるとのことなのでその点も安心‼その病院はパーキンソン病の取り扱い数は断トツです!

簡単な風邪くらいなら、個人クリニックなので同時に診てもらえるのも良いですね‼総合病院だと、その診療科目以外の事は絶対に診てもらえません。

整形外科で婦人科を診てもらうのは無理なのは分かりますが、医者ならそれくらい分かるだろうってことでも病院内の違う専門科に回されます!4時間待ちだったこともあり、かえって病気が悪化しそうでした😱

※初めに「まだ転院してから、2カ月も経たないのに長く感じる」と書いた理由ですが、それは主治医との関わりが濃くなったということでしょうか

※総合病院には、当然総合病院の安心感や技術力はあります!あくまでも私の個人的な経験です。総合病院を批判・非難するものではありません。